河西秀哉『近代天皇制から象徴天皇制へ』

 GHQ天皇を「象徴」とする憲法草案を示したとき、それを受け取った政府には思いもよらない条項だったと言われていますが、その割には意外とスムーズに象徴天皇制は定着しました(占領期の行動やたびたび内奏を求めたことなど、昭和天皇には「象徴」をはみ出すような行動があったことも事実ですが)。
 それにはもともと昭和天皇がイギリス流の立憲君主制に理解が深かったといった要因もありますが、この本では象徴天皇制へのスムーズな移行の一因を大正期以降の知識人による象徴天皇制に親和的な言説に見ています。戦後民主主義の源流を大正デモクラシーに求める見方がありますが、本書では天皇制に関しても似たような関係があることを示しています。


 著者は天皇の退位問題などでたびたびメディアでも発言している歴史学者。以前に紹介した茶谷誠一『象徴天皇制の成立』象徴天皇制の成立を占領期の宮中というインサイドから分析しているのに対して、著者は象徴天皇制を大正期から占領期にいたる天皇制を取り巻く言説から分析しようとしています。
 そして、長めの期間を分析の対象とすることで、象徴天皇制へのスムーズな移行の要因だけではなく、現在の天皇のあり方についても考えさせる内容となっています。 


 目次は以下の通り。

序 章 近現代天皇制研究の成果と課題――本書の視角
第1章 世界的な君主制の危機と近代天皇制――吉野作造天皇制構想
第2章 「デモクラシー」と「国体」――永田秀次郎の思想と行動
補 論 大正期の天皇制・「国体」とマスメディア・社会
第3章 戦時体制と天皇
第4章 敗戦直後の天皇制構想
第5章 戦争責任論と象徴天皇制
終 章 「元首」と「象徴」のはざま


 最初にとり上げられるのが吉野作造です。吉野に関しては、「デモクラシー」の訳語として天皇主権と衝突する可能性がある「民主主義」という言葉を避け、「民本主義」という言葉を使ってデモクラシー論を展開したことで有名ですが、では、吉野は民本主義において天皇はどのような役割を果たしていくべきだと考えたのか? というのがこの章の内容になります。実は吉野の構想は象徴天皇制に近いものなのです。


 吉野は君主制に対して肯定的に見ていますが、第一次世界大戦をきっかけに君主制が打倒されたドイツとロシアに関してはその道徳性や歴史性、国民とのつながりなどを問題視していました。また、帝位に就こうとした袁世凱に関してもその「人格」を問題視し、皇帝就任に反対しています(吉野は袁世凱の長男の家庭教師を務めたことがあり、袁世凱の人物をよく知る立場にあった)。
 一方、日本の天皇制に関して吉野が強調するのはその歴史性と国民とのつながりです。


 吉野は、主権者である君主も、もはや多数の人民による国家威力の意思に準拠せざるを得ないと主張します。こう書くと、天皇が国民の意思に服する形にも思えますが、ここで吉野は我が国の天皇と人民の間の「微妙なる情誼的関係」(46p)を持ち出します。天皇が一方的に命令を下すのではなく、国民の思いを汲んで政治を行い、そのような天皇を国民は愛慕する、そのような関係が日本にはあるというのです。
 

 吾々も亦君主の立憲政治に於ける地位をして、只だ冷かなる法律制度の上の元首たらしめたくない。願くば吾々国民の心裡に直接交通する所の温かい道徳上の元首として、何時までも君徳を仰ぎたい(48p)

 これは吉野の「民本主義と国体問題」の一節ですが、言い方は古めかしいものの象徴天皇制に通じるような考えがここには現れています。
 そして、吉野はこの「道徳上の元首」を裕仁皇太子に期待するのです。


 第2章では永田秀次郎天皇制に対する考えが扱われます。永田秀次郎と言ってもピンとこない人がいると思いますが、後藤新平に引き立てられて内務省警保局長・東京市助役・市長・拓務大臣・鉄道大臣などを務めた人物で、原武史が「国体」の視覚化を進めた人物として評価している人物です(68p)。
 永田は警保局長として第一次世界大戦後の社会運動の高まりに直面するわけですが、これを全面的に押さえつけるのではなく、これを社会秩序にうまく包摂させようとしました。1917年の講演で、永田は同盟罷業に対して「労使関係を団体的・慈恵的なものに変化させ、温情主義を採るように主張」(72p)していますが、こうした社会運動や包摂や階級対立の緩和に必要だと考えられたのが天皇です。
 永田はデモクラシーは君主制のイギリスでもっとも発展しているとして君主制の効用を説き、「国体」とデモクラシーが両立可能だとしました。


 永田は1924年の『日本の堅実性』の中で「皇室と我との間には何者の介在を認め無い。我は直接に皇室を戴き皇室は直接我に臨む。その関係はきわめてデモクラチックである」(82p)と述べていますが、まさにこの時期の永田の中ではデモクラシーと「一君万民」がきれいにつながっていたのです。
 そして、吉野と同じように裕仁皇太子に期待をかけています。皇太子は天皇と国民の間の「隔たり」を取り去ってくれる人物なのです(83p)。
 永田は皇太子に関するエピソードを積極的に語るようになり、そうした天皇像を欲していたマスメディアもこれを積極的にとり上げるようになります。
 この後、永田は1926年に行われた「建国祭」(企画は赤尾敏)の建国祭委員長に就任したりしますが、これも階級対立を「国体」によって緩和しようとするものでした。

 
 ところが、永田の「国体論」は時代とともに先鋭化していきます。共産主義への警戒感と国家主義の高まりは永田の議論も硬直化させていき、教育勅語は「永世不易の大典」であり、教育勅語によって「世界新秩序」の指導的地位になったといったことを主張するようになります(94p)。
 時勢に流されたといえばそれまでですが、同時に「国体」という概念の空虚さを永田の言説の変化が示しているとも言えるでしょう。


 第2章に続く補論では、大正期の天皇・皇室とマスメディアの関わりが論じられています。ここで注目すべきなのは、天皇制の安定のためには天皇が積極的に社会事業に取り組む必要があるといった意見が出てきたことです(120p)。戦後の象徴天皇制において、天皇の慈善活動や社会事業への参加が一つの柱となりますが、その重要性は大正期から意識されていたのです。


 第3章では「戦時体制と天皇制」と題して、戦時におけるマスメディアと天皇制の関係と、矢部貞治や高山岩男の考えを見ていきます。
 まずは、『東京日日新聞』の皇室記者だった藤樫準二のことがとり上げられていますが、戦後も皇室記者として活躍し、さまざまな著作を発表した人物です。基本的には天皇の人間的な素晴らしさを書いているのですが、藤樫のような記者が戦前から戦後を貫く形で皇室について報道し続けたというのも、皇室の連続性を考える上では興味深いです。
 一方で、この時代は天皇の具体的な「人格」よりも、抽象的な「国体」という観念が力を持った時代でもありました。

 
 3章の後半では矢部貞治と高山岩男の議論が紹介されています。ともに「民衆」と天皇を接続しようとする意識はありますが、その議論は非常に観念的で、また危ういものでもあります。
 高山は「民衆と天皇・皇室との関係性を「直接的結合」として強調しつつ、党派対立を止揚するための天皇の存在を構想し」(149p)、矢部も「職能団体組織」を重視しつつ、それは「従来の自由主義営利主義を超克し、国家公益の優先を指導原理」(150p)とすべきだとしました。両者の想定する「民衆」とは個別的利益をもった個人の集合というよりは、一体化した存在であり、その一体化の鍵が天皇制なのです。
 これらの議論は総力戦体制の構築に資するものであり、矢部は1945年に「こゝまで来れば、勝敗を度外において、真に理想の総力戦体制を確立することが、唯一の勝つ途であり、たとへ武力戦に敗るゝとも将来の日本の再出発のための一大礎石を築くことになるといふにある」(153p)との言葉を残しています。


 第4章は終戦直後の天皇制をめぐる議論について。
 終戦とともに天皇制の存続、存続するとしたらどのような形態になるかということが問題になりますが、そうした中で外務省は各方面の知識人の力を借りて天皇制存続のための理論武装を行おうとしていました。 本章では、その中から高木八尺(やさか)と田中耕太郎の議論をとり上げて分析しています。
 高木と田中はともにクリスチャンで(高木はクエーカー、田中はカトリック)、本章は戦後の天皇制とキリスト教の関係を考える一助ともなるでしょう。


 高木は日本で民主主義が根付かなかった理由を「個人人格観念」の不足に求めるわけですが、同時に天皇制による「君民一体」も評価しました。著者も指摘するようにこの両者の間には緊張関係があるはずなのですが、高木は日本の伝統や文化との調和を優先するのです。
 田中も同じように戦争の原因を個人の観念の未発達などに求め、やはり同じように天皇制を肯定します。田中は天皇による統治を「日本国民にとつて、あらゆる政治学的理念を超越せる事実」(176p)とまで言うのです。
 田中は、日本国民の欠点として、外国文化を摂取する際の「精髄に対する理解」の欠如と、「国民の性格中に存する権力欲と権力盲従の傾向」をあげ(178p)、これらの欠点をカバーし秩序を維持するためには天皇制が必要不可欠だと論じるのです。
 

 第5章では天皇の戦争責任をめぐる問題を扱います。今まで、天皇の「人格」や「道徳性」というものが、天皇制を肯定する際の一つのポイントとしてあげられてきましたが、そうなると問題となるのが昭和天皇の戦争責任です。
 昭和天皇にどのような戦争責任があるかということに関してはさまざまな議論があるところでしょうが、やはり戦争責任の問題があるかぎり、昭和天皇の「道徳性」を無条件で肯定する訳にはいかないでしょう。
 実際に矢部貞治や戦前に日本共産党委員長を務め獄中で転向した佐野学などは、天皇制を肯定しつつ、昭和天皇の自発的退位を求めました。また、政府内でも外務省の三宅喜二郎が、天皇が退位すれば、その道徳性に感化され、天皇と民衆の関係が強固なものとなるという意見書を出していました(207ー210p)。


 結局、昭和天皇の退位はなされなかったわけですが、だからこそ、大正期から唱えられてきた「人格」や「道徳性」にもとづく天皇制は、明仁天皇(本来ならば今上天皇と表記すべきでしょうが、そう書くと来年になったら混乱してしまうのでこの表記で行きます)のもとではじめて実現したといえるのかもしれません。
 そして、本書の最後で著者が述べるように、平成になってからの天皇・皇后の被災地や戦争の記憶への取り組みなどが、「人格」や「道徳性」にもとづく象徴天皇制に一つの形を与えたといえるでしょう。


 この本は、現在の象徴天皇制が、戦後の憲法改正によって無理矢理に生み出されたものではないことを教えてくれます。そして、現在の明仁天皇の取り組みも、過去の議論を背負った形で行われている可能性が高いということがわかります。
 天皇が「象徴」だったり「機関」だったりするとしても、現実に存在するのは生身の人間であり、やはり「人格」という要素は欠かせないのだと思いますが、一方で、もしも将来、「人格」が評価されない天皇が出現した場合、象徴天皇制がどのように動揺するのかということを少し考えてしまいました。


 また、本書を読んで気になったのがここに出てくる論者たちの民主主義観。
 実は自分は大学の卒業論文吉野作造をとり上げていて、「組織化を嫌い、国民を公平な審判者として捉える吉野のデモクラシー観は問題がるのでは?」みたいなことを、歴史学科の卒論にもかかわらずアーレントトクヴィルをつかって論じていたのですが、その思い出が蘇りました。
 個別的利害の対立を抑えるための「一君万民」の天皇制という考えに寄りかかった民主主義というのは、やはりどこかに問題があるのではないかと改めて感じましたね。


近代天皇制から象徴天皇制へ―「象徴」への道程
河西 秀哉
4905497612