『デトロイト』

 『ハート・ロッカー』や『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグローの新作は、1967年に起きたデトロイト暴動におけるアルジェ・モーテルでの事件を描いた実話を元にした作品。
 Yahoo!のページに載っているあらすじは以下の通り。

1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に入る。数人の警官が、モーテルの宿泊客相手に捜査手順を無視した尋問を開始。自白を強要された宿泊客たちは……。


 最初は冒頭の様子をカットバック的に見せていく感じで、映画のストーリーを担うに足る人物はなかなか出てきません。ほぼ前提知識ゼロで行ったので、最初は「どの視点から暴動を描くんだろ?」と思いながら見ていました。
 そんな暴動シーンが続く中、劇場で出番を待つ黒人のボーカルグループが出てきます。しかし、暴動によって公演は中止。彼らはやるせない気持ちを抱えてモーテルへと向かいます。そして、ここから物語が動き出し、白人警官の行動がエスカレートしていくさまが描かれるのです。


 最近でもアメリカでは、黒人が白人警察官に殺されたことを原因とした暴動が起こっており、題材はまったく古びていません。緊迫感を切れさせないような演出がなされており、役者の演技も良いです。白人警官を演じたウィル・ポールターがいいですし、『スター・ウォーズ』の新シリーズでフィンを演じているジョン・ボイエガも、この映画のほうがずっとよく見えます。
 

 ただ、キャスリン・ビグローの映画は、自分にはどうしても「悪趣味」に感じてしまうところがあって、それがこの映画にもあります。
 なかなかうまく言えないのですが、もともと監督にはサディスティックな欲望があって、だから本来眉をひそめるべき部分でも眉をひそめずに描いてしまっているというような印象です。『ゼロ・ダーク・サーティ』の拷問シーンなどでも感じたのですけど、何か倫理観を感じさせないというか、そういう何かです。


 これは個人的な感覚なので、「いやいやそれがリアルな世界なのだ」と言われれば仕方がないのですが、同じようによく実話を映画化するクリント・イーストウッドと比べると、キャスリン・ビグローの映画からは倫理的なものを感じないんですよね。